誌面をそのままパネルにできちゃう『Displa』 2016/07/08 13:00

displa.png

「じぶんの愛車が大きく掲載された雑誌を、どうにかキレイに保存したり飾ったりしておく方法はないものか?」
そんな悩みを抱えている人に知ってほしいのが『Displa』(ディスプラ)。

誌面をキレイにカットしたうえで、専用ボードに貼り付けて、さらにUVエンボスフィルムでコーティング。色アセや劣化を抑えつつ飾っておくことができるショーボードとして仕上げてくれるのだ。

アメリカでは『プラーク(看板)』としてガレージやショップに飾られたり、アワードのトロフィー代わりに使用されたりすることもあるというし、日本でもカーショーのディスプレイとして活用されているのを見かける。

価格は2ページサイズ(400×520mm)で価格は2万7500円(税別)など。
せっかくの誌面をただ保管しておくのはもったいない。記念として自慢できるアイテムに仕上げたいとうひとは、下記までお問い合わせを。

Displa
制作・販売:トゥルースタイル
〒315-0006 茨城県石岡市並木1-1
TEL : 0299-23-1112 / FAX : 0299-23-1114
web : http://truestyle.minibird.jp/

displa001.jpgdispla002.jpg
アメリカから輸入した特殊なプレス機を使用して、熱と圧力をかけながらフィルムを貼り付ける。専用のUVエンボスフィルムは空気抜きのための小さな穴が空いていて、プレス後には塞がる仕組みだ。紙質や厚さなどに応じてかける熱の温度やプレス時間を変えるなど、製作には様々なノウハウが必要だという。

displa003.jpgdispla004.jpg
塗装された専用MDFボードに、カラー紙、掲載誌面、UVエンボスフィルムを重ねていく。「いちど切り離したページを、いかに違和感のない状態に仕上げるか? ページデザインなどにあわせて個別に調整するのが、いちばん難しいところですね」と浅田さん。希望によってオリジナルタグプレートにロゴなどを入れることも可能。

img_6188.jpg「自分の愛車が載った雑誌を、アメリアで見たようなパネルにしたい!」と思ったが、国内でそういた業者が見つからなかったことから、独自に専用機材を輸入して『Displa』を作り上げたという代表の浅田さん。
雑誌だけではなく新聞や表彰状なども施工可能で、壁には『Displa』の記事が掲載された地元新聞なども飾られていた。
ちなみにトゥルースタイルはもともとカスタムペイントなどを得意とする鈑金塗装ショップ。