CONTACT>>>特殊撮影オペレーター

s301

あの衝撃ムービーを収める影の立役車!!

テレビCMはもちろん、最近はネットサーフィン中なんかにも「なんだこれ! すげーカッコいいじゃん!!」という動画に出会うこと、あるよね? そして、もちろんドライバーやディレクターも気になるけれど、ちょっとマニアックなひとだと「どうやって撮ってるんだろう?」と興味がわくんじゃないかな。
そんな疑問を解決すべく、取材させてもらったのは東京都武蔵村山市のS3カンパニー。平成3年の設立から現在まで、クルマとバイクのCM撮影を中心として、映画やドラマや企業プロモーションの映像など、国内外で幅広く活動してきたという。
代表的な作品はというと映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』をはじめ、D1グランプリで活躍中の斎藤太吾選手も登場するモンスターエナジーのPV、最近でいえばレクサススバルのTVコマーシャルなどなど。誰もが一度は見たことのある、超メジャーな作品ばかりでしょ?
そして、それらを撮影するために欠かせない『カメラカー』と呼ばれる車両の1台が、写真のGL63。

coverなぜこの車種を選んだのか? どうしてこんなボディカラーなのか? 撮影にためにほどこされた驚きの改造は? などなど、9/30発売のサンエイムック『最新クルマサイトの歩き方』でたっぷりと紹介しているぞ!!

S-Three.co.,Ltd → http://www.sthree.co.jp/

注目サイト>>>PICK UP!!

pickup01
主催者も参加者も要注目!!

ミーティング&イベント情報集約サイト

ミーティングやオフ会、ドレスアップイベントや走行会など、いまや日本全国で数多くのクルマイベントが開催されているのはご存知の通り。本誌の読者の中にも自分の好みにあったイベントを探し、積極的に参加しているひとも多いと思うんだけど、みんなはそんなイベント情報をどうやって手に入れているかな?
きっと多くのひとはイベント主催者によるフェイスブックやツイッターなどのSNSやホームページなどを参考にしていると思うんだけど、この方法だとそれぞれのイベントが独立していて探すのがけっこう難しいんだよね。
さらに、情報に気がついたときには参加募集が終わっていたり、おなじ日に開催される別のイベントに申し込んでしまった後だった、なんてこともよくある。
『ちくしょー、もっと早く知っていれば絶対参加したのに!』なんて思いをしたことがあるひとも多いことだろう。
そこで、クルマファンがそんな悔しい思いをしなくて済むようにと、最近オープンしたのが『ピックアップ』というクルマ情報サイトだ。
このサイトは日本全国で開催されるクルマイベントの情報を一元化するために誕生したもの。利用料や掲載量は無料となっている。
さらにPICK UPでは、各地のショップやスーパープライベーターが作っているオリジナルパーツの紹介や販売なども行っているのだ。
まだ立ち上げ直後にも関わらず、すでに業界内でも注目を集めはじめている『ピックアップ』。クルマ好きなら絶対にチェックしておきたい注目の新サイトをお見逃しなく!

サイト → http://www.e-pickup.net/

総合? クルマ専用? どのSNSを使う?

carsite_sns

クルマ系SNSと総合SNSの特徴を比較!!

SNSと聞くと、「炎上」などネガティブなイメージが浮かぶひとも少なくないかも知れない。でも、SNSには一生かかっても見きれないほどに、たくさんの情報が眠っているのだ。

そもそもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、利用するユーザー同士がコミュニケーションを図ることを目的としたサービスのこと。
街で気になるクルマを見かけても、いきなり声をかけたりするのはハードルが高いよね。でも、だれかがSNSで「これを買ったよ!」と投稿していたら「使い心地はどうですか?」など気軽にコメントすることができちゃう。
情報サイトやブログなどとSNSの大きな違いは、この『双方向にコミュニケーションを図ることができる』というところ。相手がどんなに有名人や大きな会社であろうとも、だれもが平等に気楽なコミュニケーションを楽しむ権利がある、それがSNSの醍醐味なのだ。

ただし、ひとくちにSNSといってもさまざまな種類があり、それぞれのサービスによって特徴が異なる。
大きく分けるとFacebookやTwitterのように時系列で情報が流れていく『フロー型』と呼ばれるものと、みんカラのようにカテゴリ分けされた情報が蓄積されていく『ストック型』と呼ばれるものがある。

また、SNSはひとが集まる場所なので、そこに集まる人々によって雰囲気も大きく変わってくる。いくつかのSNSを併用していて、それぞれの場に合わせて発信する情報の種類、発信の仕方、言動を変えているというひとも少なくない。
自分はどういう使い方をしたいのか? どんなひとと、どう繋がりたいのか? それによって、選ぶべきSNSも変わってくるのだ。

cover9/30発売の『最新クルマサイトの歩き方』では、そんな数多くのSNSの中からどれを選べばいいのか? どうやったらじょうずに使いこなすことができるのか? 実際にいろいろなSNS使用している検索隊モッチが、それぞれの特徴や機能などを比較しつつ紹介していくぞ。

注目アプリ>>>KAITORI

kaitori01

アプリで不要パーツを9分以内に無料査定!!

クルマを乗り換えたり、新しいパーツを購入したりすることで不要になってしまったパーツが部屋やガレージにあふれているというひとは意外と多いんじゃないかな。家族からは『邪魔だから早く処分して!』なんて怒られているけど、今やちょっとしたパーツを捨てるにしても料金が掛かってしまう時代。処分するにしてもなかなか手間とお金が掛かってしまうんだよね。
そこで、そんなことに悩んでいるひとにぜひとも注目してもらいたいのが『KAITORI』というスマホ用アプリ
これはヤフオクベストストア6年連続受賞の『激安魔王』などを運営するパワーグループが手掛けているもので、たった3項目の簡単な情報入力と写真の送付だけで不要パーツの買い取り金額を9分以内に査定してもらうことができるというから驚き。無料の出張買い取りをお願いすれば自宅にいながらにして不要パーツを即現金化することができちゃうっていうんだからスゴイでしょ?
なにしろ、強力な販売チャンネルを持っているだけにその買い取り価格は超魅力的。経験豊富なスタッフがパーツの魅力をシッカリと価格に反映させてくれるし、電話やチャットで納得のいくまで価格交渉を行うことができる。
部屋やガレージに処分したいパーツがあるというキミ。まずは速攻でアプリをダウンロードして無料査定をお願いしてみよう。実は、邪魔になっていたパーツが実は宝の山だったりするかもしれないゾ!

GooglePlay / iOS